山城グループ「会長」
山城グループは、昭和61年創業以来、『地球環境を勉強中です。』をテーマに、建築物解体工事のスペシャリスト集団として、 地域に密着した事業活動を行い、 着実に実績を重ね、おかげ様をもちまして、国内有数の総合解体業に成長して参りました。 これもひとえに皆様方のご支援、ご教示のおかげと全社員一同感謝しております。

近年、廃棄物の最終処分場の不足、焼却施設などからのダイオキシン類の発生、不適正処理の増加など産業廃棄物に関する様々な問題が生じています。大阪市は、高度に市街化された狭小な市域のなかで、各種産業が集中し活発な産業活動や都市活動が行われていますが、健康かつ快適な都市環境の保全と創造を図るうえで、産業廃棄物の減量化および適正な処理を推進することはきわめて重要な課題です。

弊社では、リサイクル法の精神に則り、『限られた資源の有効再利用』を促進する産業廃棄物中間処理業の許可を平成20年1月11日に取得し、平成20年3月1日より営業を開始させていただきました。

この施設は、廃棄物処理法(廃棄物の処理及び清掃に関する法律)に基づく処理施設で、同業他社に類を見ない大型集塵装置を設置し、地域環境に配慮した最新型の処理施設になります。

今後も『喜ばれる』を、お客様に『改善で』社会に貢献を『安全で』家庭に安心を提供する企業を目指し、従業員一人一人が常にお客様の立場になってご満足の行くサービスを提供できるよう努力すると共に、切磋琢磨して、山城グループは皆様のより快適な環境づくりのパートナーとして ご満足戴ける企業を目指したいと考えています。

どうか尚一層のご愛顧とご鞭撻を賜ります様お願いを申し上げます。

山城グループ会長
山城 博